BLOG

2019/08/17 23:21

まだまだ暑い日が続いています。


いかがお過ごしでしょうか?


ブレンドオでは新作秋の商品。
そして、ブレンドオオリジナルの定番商品が
少しづつ入荷しています。



来週から再来週にかけて
さらにたくさん入荷してきます。


ご期待ください。


さて、
夏の最後と言えば「残暑」


朝晩はいくぶん涼しくなってきますが、
日中はまだまだ暑い日が続きそうです。



今日はそんな残暑が続く
暑い日の淑女スタイル身だしなみポイントを3つお伝えします。



一つ目は


「トップスには白やベージュ、トップグレー など
熱を吸収しにくい薄い色を着る」



ボトムのスカートやパンツは濃いめの色でも構いませんが、
顔に近い部分にはレフ板効果も兼ねて
「熱を吸収しにくい薄い色を着る」ことをおすすめしています。


あるデータによると
気温33℃の時に着た黒と白のTシャツの温度を測ったところ、
白は35.3℃、黒は47.3℃だったそうです。
 
ぬあんと!


12℃もの差が〜!!


服の色おそるべし


です。


オシャレは大事ですが、
身体はもっと大事です。


朝晩の寒い時は、
黒やネイビーのカーディガンやブルゾンをはおって
寒さ対策をすることで
「涼しい時間」と「暑い時間」をオシャレに乗り切ることができます♪







二つ目は


「汗染みが目立ちやすい服装は避ける」



汗っかきな人は特に注意が必要です。


汗かいてるなってすぐわかるようなグレーやベージュは特にNGカラー!!


オシャレしていても汗染みでマダラになってたら、
なんかオシャレに見えないですよね。


しかも、
これからの季節は朝晩の寒暖差が激しくなってくるので
すぐ風邪をひいてしまいます。


無理して厚手生地の服を着ないようにしてくださいね。




三つ目は


「麻やコットンボイルなど通気性があって透けない素材を着る」




風通しがいいので汗をかきにくく、汗をかいてもすぐに乾く
麻やコットンボイル素材って涼しいですよね。


ただ「透けやすい!」のが難点です。

解決策としては「コットン素材のインナーを着ること」


タンクトップやキャミソールタイプなど。


もしくは、透けにくい濃いめの色を着ることで問題点をクリアしてください。


秋はレース素材もおすすめ。






インナーに気をつければ
エレガントな着こなしができます♪

とにかく


「秋のファッションにしなきゃ!!」って
「厚手の素材」にするのはまだ早すぎます。


「厚手の素材」を着て汗をかき
冷房で冷えすぎて「風邪を引く」


晩夏初秋の体調不良に多いパターンです。


お気をつけください。



ではでは〜♪